待つのが楽しくなりそうなバス停のクリエイティブな広告たち

インスピレーション

多くの人がバスを待つために利用するバス停。人々が待つだけの為に時間を費やすこの空間は、絶好の広告スペースのようです。

そこで今回は、バスを待つのが楽しくなってしまいそうな、アイデアが面白いバス停広告をご紹介します。

Fitness First:体重測定器

スポーツジムによるバス停広告です。ベンチに座ると広告看板に自分の体重が表示されてしまいます。“見られたくない体重ならスポーツジムに行きましょう”ってことみたいです。

Fitness First Fitness First

Mc Donald’s Free Coffee:コーヒー豆時計

マクドナルドの無料コーヒーサービスのキャンペーンをPRするバス停広告です。こちらはコーヒー豆が砂時計のように毎日減って行き、無料キャンペーン終了が迫るのをアピールしています。

Mc Donald’s Free Coffee

Pru Health:みかん販売機

英国の健康保険会社によるバス停広告。ボタンを押せば看板の中に入っているオレンジが出てきます。(おそらく有料)“Help yourself”のコピー通り、毎日かかさオレンジを食べていれば病気知らずになれそうです。

Pru Health

Ikea:ソファ

日本でも有名なインテリア家具ショップ、イケアのバス停広告です。そのまんま商品であるソファがバス停のベンチになっていて、待ち時間が長くても快適そうです。こういうバス停は増えると良いですね。

Ikea

以上、いくつかご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?もっと見たいと言う方は下記の参考記事もどうぞ。

参考記事:
» Creative bus stop advertisements – Creative Criminals