サイト制作に便利なWebベースのカラーパレットジェネレーター「Color Scheme Designer 3」

Web制作テクニック

Color Scheme Designer 3はサイト制作で配色に悩んだ時など、簡単な操作で配色を決める事ができる、Webベースのカラーパレットジェネレーターです。

特にWebデザインをする方にとっては、かなり機能が充実したWebサービスだと思います。しかも無料で使えて登録も必要ありません。

Color Scheme Designer 3
» Color Scheme Designer 3

画面左の円でパレットのキーカラーとなる色を選び、それを基に6つのモードでカラーパレットを作成します。

モードは“mono(同系色)” “complement(補色)” “triad(三色組)” “tetrad(四色組)” “analogic(類似色)” “accented analogic(補色+類似色)”の6つが用意されています。

Color Scheme Designer 3

作成した配色パレットを使ってWebサイトを制作した場合のサンプルも見ることができます。

この配色パレットは、Photoshopのカラーパレットとして保存することができ、さらには“HTML+CSS”“XML”でも書き出すことも可能です。

ここで配色を決めておくと、色彩的に統一されたWebサイトが出来そうです。Webデザインの際、配色に迷ったときには是非どうぞ。

情報元:
» Color Scheme Designer 3