FlashサイトをHTML形式に変換してくれるサービス「FLAML」

Web関連情報

FLAML(フラムル)はFlashで制作されたファイルを解析し、そのサイトの画面構成やボタン、リンクなどをHTMLファイルと画像ファイルにて再現してくれるサービスであり、Flash用フレームワークのProgressionなどのサービスを展開している株式会社CLOQUE.によって開発されたものです。

今回のリリースでHTMLファイルを作成できるFlashサイトは、FlashのフレームワークであるProgressionを使用したサイトに限られるそうですが、上の紹介動画の様に、iPadやiPhoneなどFlashが再生できないデバイスで、作成されたHTMLファイルのサイトが見れるようになります。

また、FlashサイトとHTMLサイトを同一のURLに設置した場合は、閲覧端末の環境に合わせ、Flash Playerがインストールされている環境ではFlashサイトを、インストールされていない環境ではHTMLサイトが表示されるようになります。

さらに、作成されるHTMLファイルはW3Cにほぼ準拠しているのと、HTMLファイルのテキスト情報によって、Googleなどから検索できるようになるので、SEOの効果も期待できるのだそうです。

尚、この技術を使用したサービスのリリース日は、11月10日を予定しているのだそうです。

…という情報を知った上で、まずはProgressionを使ってFlash制作してみようと思った今日この頃です。

詳細はこちら:
» Flashで制作されたファイルを解析し、HTMLファイルを作成するサービスのリリース日が11月10日に決定。サービス名は『FLAML』。