ファスナーで海を開く「ファスナーの船」

インスピレーション

高松港周辺と瀬戸内海の7つの島を会場に開幕された『瀬戸内国際芸術祭』。その参加作品の一つとして、面白い形の船が登場しました。

どういった作品か、詳しくは下の動画をご覧になってみてください。

どうでしょうか?この船の形からもわかりますが、上空から見ると白い波跡が残って、ジッパーで海を開いている様に見えませんか?

この「ファスナーの船」は、現代アート作家である鈴木康広氏「飛行機から見た船がファスナーに見えたことから着想した」と、構想8年を経て、約3ヶ月間で漁船を改造して制作されたものです。

この作品は、2004年にもラジコンボートでも制作されていたようで、そちらが下の動画のものです。こちらのラジコンボートもそのまんまファスナーに見えますね。

ファスナーの形は、何処にでもありふれた普通のものなんですが、この作品ではそれが予想外の場面に登場するのが面白いですね。

こういう風に、普段から見慣れたものの使い方・場所・サイズなど、視点を変えてみることで、何か面白いものが考えられそうです。

» Yasuhiri Suzuki
» 瀬戸内国際芸術祭2010

この記事を書いた人

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です