WordPressの「データベースに接続できません」ページをわかり易く見栄え良くカスタマイズ

Web制作テクニック

このブログもそうなんですが、WordPressでWebサイトを構築していると、時々データベースの不具合で接続できないことがあります。

この場合、WordPressのデフォルトでは“エラー: データベースに接続できません”と黒文字で記載してあるだけのページが表示されてしまいます。

このままでは格好悪いですし、ユーザーからしても意味不明で、下手すれば現存しないサイトかと勘違いされてしまいそうです。

そこで、このエラーページを少しでも見栄え良く、ユーザーにもわかり易くなるようにカスタマイズしてみました。

データベース接続エラーページのカスタマイズ方法

まずはdb-error.phpと言う名前で、データベースエラーの時に表示させたいphpファイルを作成します。こちらのページを参考にさせてもらい、このブログでは下記のような内容でdb-error.phpを作成しました。

db-error.php

<?php
header( 'HTTP/1.1 503 Service Unavailable' );
header( 'Expires: Wed, 11 Jan 1984 05:00:00 GMT' );
header( 'Last-Modified: ' . gmdate( 'D, d M Y H:i:s' ) . ' GMT' );
header( 'Cache-Control: no-cache, must-revalidate, max-age=0' );
header( 'Pragma: no-cache' );
header( 'Content-Type: text/html; charset=utf-8' );
?>
<!DOCTYPE html PUBLIC "-//W3C//DTD XHTML 1.0 Transitional//EN" "http://www.w3.org/TR/xhtml1/DTD/xhtml1-transitional.dtd">
<html xmlns="http://www.w3.org/1999/xhtml" dir="ltr" lang="ja">
<head>
	<meta http-equiv="Content-Type" content="text/html; charset=utf-8" />
	<title>データベースエラー : blog.ht-design.net
	<link rel="stylesheet" href="/error/style.css" type="text/css" />
</head>
<body id="error-page">
	<h1>503 Service Unavailable - DB Error</h1>
	<p>ただいまサーバのデータベースに接続できないようです。<br />
	数分後に再度リロードしてみてください。</p>
	<p>ご不便おかけしますが、よろしくお願いいたします。</p>
	<p style="text-align: right;"><a href="http://blog.ht-design.net/">http://blog.ht-design.net/</a></p>
</body>
</html>

あとはこのdb-error.phpファイルを、サーバー内のwp-contentディレクトリにアップロードするだけで完了です。

本来はエラーページが現れるのは望ましくないのですが、簡単な作業で済みますし、隅々まで気を配っておく必要もあると思います。

参考記事:
WordPress のデータベースエラーページをカスタマイズ – dogmap.jp