WordPressで記事ごとにヘッダの記述を追加する方法

Web制作テクニック

WordPressで固定ページや投稿記事ごとに、ヘッダ<head></head>内に記述を追加できるようにするカスタマイズメモです。例えば、それぞれのページ、投稿で個別にmeta要素やCSS、JavaScriptを追加したい時に役立ちます。

外部CSSやJavaScriptファイルの呼び出しもできますし、スタイルやJavaScriptを直接ヘッダに記述したい場合にも便利です。以下で紹介する方法はfunctions.phpを使用しますので、テーマ内にfunctions.phpがない場合は作成してください。

[adsense]

投稿画面にAdd to headウィジェットを作成

function.php

add_action('admin_menu', 'add_head_hooks');
add_action('save_post', 'save_add_head');
add_action('wp_head','insert_add_head');
function add_head_hooks() {
	add_meta_box('add_head', 'Add to head', 'add_head_input', 'post', 'normal', 'high');
	add_meta_box('add_head', 'Add to head', 'add_head_input', 'page', 'normal', 'high');
}
function add_head_input() {
	global $post;
	echo '<input type="hidden" name="add_head_noncename" id="add_head_noncename" value="'.wp_create_nonce('add-head').'" />';
	echo '<textarea name="add_head" id="add_head" rows="5" cols="30" style="width:100%;">'.get_post_meta($post->ID,'_add_head',true).'</textarea>';
}
function save_add_head($post_id) {
	if (!wp_verify_nonce($_POST['add_head_noncename'], 'add-head')) return $post_id;
	if (defined('DOING_AUTOSAVE') && DOING_AUTOSAVE) return $post_id;
	$add_head = $_POST['add_head'];
	update_post_meta($post_id, '_add_head', $add_head);
}
function insert_add_head() {
	if (is_page() || is_single()) {
		if (have_posts()) : while (have_posts()) : the_post();
			echo '<!--Add to head-->'.get_post_meta(get_the_ID(), '_add_head', true).'<!--/Add to head-->';
		endwhile; endif;
		rewind_posts();
	}
}

以上をfunction.phpに記述することで、投稿編集画面にAdd to headウィジェットが表示される筈です。

<!–Add to head–> <!–/Add to head–>のコメントアウト部分は、無くてもかまいません。ウィジェット内に何も記述しない場合は、コメントアウトの部分だけがヘッダに追加されます。

注意点としては、後にfunction.phpから上記コードを削除する場合、それぞれの固定ページ、投稿で指定してあるヘッダへの記述も無効化されてしまうことです。なのでテーマ変更の際にも、新テーマ内のfunction.phpに上記コードが必要となります。

※この記事のカスタマイズ方法はWordPressバージョン3.4.2で検証したものです。