サムネイルスライダーを実装できるWordPressプラグイン《WP Carousel》

Web制作テクニック

WP Carousel》は WordPress で作成したページに、投稿サムネイルのスライダーを実装できるWordPressプラグインです。特定のカテゴリーやタグ内の投稿、また任意で選択した投稿や固定ページをスライダーに組み込む事が出来ます。

下記のサイトで、このプラグインの最新バージョンのデモを見る事ができます。
» WP Carousel Demo | A WP Carousel Demo Blog!

[adsense]

プラグインの入手と有効化

ご注意ください!
このプラグインは、現在最新のバージョンが使用できません。プラグインアップロードの時点でエラーが出ます。FTPからアップロードしようとしてもエラーとなりました。(※WordPress3.1〜3.3で確認済み)ダウンロードする際は、WP Carousel の Other Versions から Version 0.5.3 のダウンロードをオススメします。

  • こちらのページから wp-carousel.0.5.3.zip ファイルをダウンロードする。
  • プラグインメニューの新規追加で zipファイルをアップロードして有効化する。
  • プラグインを有効化するとメニューに WP Carousel が追加されます。

スライダーの設定

WP Carousel

WP Carousel パレット内の Add(追加)をクリックすると Carousel 0(スライダーのID)が作成されます。もう一度追加すると Carousel 1…2…3…という風に、スライダーを複数作成できます。ここで作成された Carousel 0 をクリックすると、スライダーのオプション設定に入るので、こちらで細かい設定を行います。

Items エリア内のウィジェットを右サイドの Carousel エリアにドラッグして、目的の組み合わせのスライダーを作成します。例えば Category ウィジェットを設定して、任意のカテゴリーを選択すると、そのカテゴリー内の投稿がスライダーとして表示されるようになれます。[下図]

また、スライダーのデザインテーマの選択や、スライドのループ設定、スライド速度、サムネイル画像サイズの設定もできます。

WP Carousel

スライダーの設置

スライダーを設置したいファイル(index.php, single.php など)の任意の場所に下記のコードを記述します。 ※()内の数字はスライダーのIDです。

<?php wp_carousel(0); ?>

基本的には php ファイルに直接記述して使用するのですが、Exec-PHP を使用していれば、各投稿記事内や固定ページ内に設置する事もできます。(完全な動作は保証できません)
※Exec-PHP は、投稿記事やページでPHPを実行する事ができる WordPressプラグインです。

このプラグインの情報

  • この記事で紹介[推奨]しているバージョン:0.5.3
  • WordPress のバージョン:3.0 以上が必要
  • 動作確認した WordPress のバージョン:3.1, 3.3
  • ダウンロード先:WP Carousel